事業承継研究会

当研究会について

 当研究会では、「中小企業の事業承継問題」について実務的な研究と活動を行っています。
 中小企業の事業承継問題は、中小企業の今後10年間の大きなテーマの一つでありますし、弁護士にとっても重要なテーマの一つです。中小企業の経営者の平均年齢は57歳のところ、中小企業経営者の各自の予想平均引退年齢は67歳であり、今後10年間に多くの中小企業で代替わりが必要となり、それに伴い相続法・会社法・財産法等の分野で法的ニーズが高まるからです。
 これまでの多くの弁護士は、「市民」の法的ニーズに対しては目を向ける努力をしてきましたが、実は「中小企業」にはあまり目を向けて来ませんでした。当研究会は、弁護士大増員時代を迎えて弁護士がこれまであまり注力してこなかった中小企業法務の分野のうち、特にこれからの重要課題となるであろう事業承継問題にスポットを当て、それに関する法的ニーズを満たそうとするものです。
 今後10年間の一つのテーマとして、皆さんも当研究会に参加して一緒に研究と活動をしませんか?