金融商品取引法研究会

第二東京弁護士会金融商品取引法研究会からのお知らせ(2019年11月)

1.2019年11月定例研究会について


2019年11月研究会では、アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー弁護士の塚本 英巨先生に「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針の概要~内部監査部門と監査役等との連携の視点とともに~」と題した内容でご講演いただきます。

経済産業省は、2019年6月、「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」(グループガイドライン)を策定・公表しました。これは、「コーポレート・ガバナンス・システム研究会(第2期)」(CGS研究会)における議論に基づき、攻めと守りの両面から、グループガバナンスの実効性を確保するために一般的に有意義と考えらえられるベストプラクティスを示すものです。
守りの側面では、グループ経営に固有の問題だけでなく、法人単体における在り方も述べられ、3線ディフェンスに関する考え方等が紹介されています。
11月の研究会では、CGS研究会の委員として議論に参加した講師が、グループガイドラインの概要(上場子会社に関する部分を除きます。)について解説するとともに、3線ディフェンスの中でもCGS研究会において様々な意見のあった内部監査部門と監査役等との連携のあり方について紹介します。

どうぞふるってご参加ください。


(1)日時 2019年11月11日(月)午後6時30分~午後8時30分
(2)場所 アンダーソン・毛利・友常法律事務所(大手町パークビルディング20階会議室)
(3)研究会の会費
非会員の方は、会場で1,000円をお支払下さい。会員で年会費を未払いの方は振り込みか(後述の2ご参照)、会場でのお支払いをお願いします。
(4)懇親会
いつものとおり研究会終了後、懇親会を予定しております。こちらもご出席の場合には下記のフォームに出席と明示してご連絡下さい(会費6,000円程度)。なお、申し込まれた方で当日キャンセルされた方は費用の負担をお願いしておりますので、ご了解下さい。
(5)申し込み方法
ご出席予定の方は、以下のメールアドレスまでご連絡いただけますようお願い申し上げます。
sec_yada@123-law.jp

下記のフォームを利用してお申込み下さい。

=========================================================
金融商品取引法研究会月例会出席申込書

日時:2019年11月11日(月)午後6時30分~午後8時30分
場所:アンダーソン・毛利・友常法律事務所(大手町パークビルディング20階会議室)
氏名:
所属:
登録番号:
修習期:
懇親会に参加を: 希望する  希望しない
=========================================================

2.本年度会費の支払のお願い
 本年度(2019年4月~2020年3月)の会費の支払いをお願いします。
①司法修習を終了して昨年12月に登録した弁護士(71期)が、登録月から次の12月までに当研究会に入会した場合には、当年度及び次年度は会費免除とします。
②登録2年目~4年目(68期~70期)については、年5,000円とします。
③登録5年目以降(67期以前)は、年10,000円とします。
④年度途中の入会者については、入会日が年度開始(2019年4月)から6ヶ月以内ならば全額、それ以降(2019年10月以降)は半額を会費として負担することとします。
⑤支払方法は、下記口座に振込みにて納入して下さい(振込手数料は各自ご負担願います。領収証ご希望の方は研究会前日までにご連絡下さい)。

みずほ銀行 銀座通支店(028) 普通預金 3014266
口座名義 金融商品取引法研究会 会計担当 矢田 悠
     キンユウショウヒントリヒキホウケンキュウカイ カイケイタントウ ヤダ ユウ

※昨年度までと口座が異なりますのでご留意下さい。


 年会費をまだお支払いでない方は、振り込みをお願いします。当日まで振り込みがない場合には、会場で徴収させていただきますので、よろしくお願いいたします。

二弁金融商品取引法研究会
代表幹事  弁護士 池永 朝昭
副代表幹事 弁護士 遠藤 元一
副代表幹事 弁護士 小出 一郎
副代表幹事 弁護士 澁谷 展由
副代表幹事・事務局 弁護士 矢田 悠