労務・社会保険法研究会

研修会「有期契約労働者と改正労働契約法」

 平成24年8月に労働契約法が改正され、①有期労働契約から無期労働契約への転換、②「雇止め法理の法定化」、③不合理な労働条件の禁止、という3つのルールが新たに規定されました(平成25年4月1日全面施行)。
 本研修では、主に新人弁護士やこれから労務問題に取り組もうとする弁護士を対象に、事業者から有期契約労働者に関する相談があった場合に役立つ知識を習得していただけるよう、有期契約労働者とは何か、上記3つのルールの内容、どのように雇用管理すべきかなどについて、分かりやすく説明します。
 特典として、有期契約労働者の雇用管理について簡単にまとめた小冊子をお付けする予定です。

日時:2013年4月24日(水)午後6時~午後8時
場所:弁護士会館10階1003号室
講師:坂井雄介弁護士(当会会員)
   中村友美氏(社会保険労務士)
対象:東京三弁護士会会員
主催:第二東京弁護士会労務・社会保険法研究会
参加費:無料

お問合せ先:労務・社会保険法研究会 福崎(TEL:03-3293-8817)