倒産法研究会

研修会「破産管財実務継続研修」第6回~破産管財人候補者名簿新規登録者向け~

 東京地裁民事第20部から平成23年以降新たに破産管財人候補者名簿に登録された弁護士の破産管財人への選任については、「一定の破産管財事件の経験」を有する者を優先することが表明されました。この「一定の破産管財事件の経験」としては、在京三弁護士会で行われている倒産法研修への継続的な参加状況も考慮することができるとされています。そこで、上記の新規登録者向けに、年6回程度のシリーズで破産管財実務の継続研修を実施することとしました。ご希望の方はご参加ください。
 申込み多数の場合、お申し込みいただいても、会場の関係で参加をお断りさせていただく場合もございます。その際はご連絡させていただきます。
 15分以上の遅刻出席の場合、出席者名簿に記載されませんので、ご留意ください。

日時:2013年3月13日(水)午後6時~午後8時
場所:弁護士会館10階1003号室
講師:内藤滋弁護士
内容:破産管財人候補者名簿の新規登録者向け、破産管財実務の継続研修
   「債権者集会・配当手続」
対象:平成23年以降新たに破産管財人候補者名簿に登録された当会会員
主催:第二東京弁護士会倒産法研究会
共催:第二東京弁護士会研修センター
参加費:無料
テキスト:東京地裁破産実務研究会著「破産管財の手引」をテキストとして使用しますので、各自ご用意願います。弁護士会館B1Fのブックセンターで購入できます。

※ 本研修は当会継続研修として2単位認められます。また新規登録弁護士研修の一環として受講可能です。

お問合せ先:第二東京弁護士会倒産法研究会
      TEL:03-3213-1081(弁護士・高木裕康秘書・春日井)