住まいのトラブル

トラブルの概要

注文住宅の建築をめぐるトラブルです。
自宅を新築した施主でしたが、思っていたような仕上がりでないとの不満がありました。
建築業者から残代金の支払を求められましたが、納得がいかなかったことから、仲裁センターに和解のあっせんを申立てました。

和解あっせんの経過

弁護士と一級建築士の計2名があっせん人になりました。
1回目の和解あっせん期日で、施主は多くの箇所の不備を主張しました。これに対し、建築業者は、工事に不備はないと反論しました。

あっせん人は、直接現場を見たほうが解決が早いと考えました。そこで、2回目の期日を施主の自宅に出向いて行うこととしました。
専門家である一級建築士のあっせん人とともに、該当の箇所をひとつひとつ確認することで、問題点は整理されました。建築業者も、一部の箇所については補修工事が必要であることを認めました。

その後、補修工事に必要な費用を差し引き、残代金を減額する内容で和解が成立しました。