法教育サービス

法教育とは

法教育とは、法律の専門家が、一般の人々に対して、法に関わる基本的な知識や考え方、さらには法の形成や、紛争解決に必要な技術等を伝えることを指します。
単なる法律の知識だけでなく、法の形成過程や基本原則・価値を知り、合意形成や紛争解決の技能、さらにはその過程に参加する態度・意欲を身に付けることが法教育の目的です。
近年、法教育の学習についても、学習指導要領に組み込まれるようになりました。
第二東京弁護士会「法教育の普及・推進に関する委員会」では、将来の我が国の民主主義社会の担い手である子どもたちを育成するため、教育関係者と協力・連携を図りながら、様々な活動を展開しています。

当委員会が提供する法教育プログラム

当委員会では、以下のような、多様なプログラムを提供しています。
プログラムでお悩みの方は、「法教育フローチャート」をご利用ください。

出前授業(デリバリー法律学習会)

弁護士が皆さまの学校を訪れて、豊富なメニューの中から目的に沿った法教育の授業を行います。

ジュニアロースクール

夏休みに中学生の皆さまに弁護士会館に来ていただき、弁護士が工夫を凝らした参加型の法教育授業を行います。

裁判傍聴

当会の弁護士が引率し、東京地方裁判所で実際に開かれている刑事裁判を傍聴します。裁判傍聴の前には、弁護士による刑事裁判の制度や手続きの流れを説明し、裁判傍聴後には、傍聴した事件についての解説・質疑応答を行います。
東京地方裁判所では、日々多くの裁判が開かれていますが、引率弁護士が傍聴に適した事件を事前にチョイスし、法廷へご案内します。普段ニュースなどで目にしている刑事事件が、裁判ではどのように進んでいくかを実際にその目で見、弁護士の解説付きで学習することができます。

その他のプログラム