ハンセン病問題人権教育プログラム(出前授業)

差別のない社会をめざして−ハンセン病問題をとおして人権を考える

東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会では、ハンセン病問題への取り組みの一環として、都内の小・中・高校への出張授業を行っています。
当事者の方の生のお話や弁護士の人権活動の一端に直接触れ、差別や人権について一緒に考えてみませんか?

どんな授業を行うの?

ハンセン病であった方と弁護士が直接学校を訪問し、ハンセン病であった方の自らの体験や、人権課題に取り組む弁護士の様子などを報告し、みなさんからの質問などにも答えながら、差別や人権について一緒に考える授業を行います。
また、厚生労働省が全国の中学生向けに作成した「ハンセン病の向こう側」というリーフレットや、ハンセン病に関するビデオなどもご紹介します。

時間・費用 時間配分などはご相談に応じます。
また、交通費なども含め、費用は無料です。
お申し込み 下記申込書に必要事項を記載し、開催希望日の2か月前までにお申し込みください。

PDFでのダウンロード 
Wordでのダウンロード 
お問い合せ 第二東京弁護士会人権課
03-3581-2257