実在の弁護士名を騙った詐欺にご注意ください!!

その他
その他
LINEで送る
更新日:2013年09月12日

今年に入って、実在の弁護士名を騙った不正請求(詐欺行為)に関する情報が多数、弁護士会に寄せられています。

最近も、当会に所属している実在の弁護士名を騙って、過去の大規模詐欺事件の被害者に電話をかけ、被害金の取り戻しが可能であるかのように信じ込ませたうえ、手続費用等の名目で金銭を詐取しようとしたり、未公開株投資の損害金を取り戻すという名目で架空の手続費用を騙し取ろうとする電話がかかってきたなどの案件が報告されています。

これらは弁護士名を詐称した悪質な詐欺行為に他なりません。

かかる被害に遭わないようにするため、聞き覚えのない弁護士から心当たりのない電話、メール、文書の送付等があった場合は、まず下記の日本弁護士連合会のホームページで弁護士の氏名、事務所所在地、電話番号等をご確認ください。そして、電話やメールの主が弁護士会に登録されている弁護士名や登録番号を名乗っていたとしても、それだけでは実在する弁護士本人とは限りませんので、弁護士会に登録されているその弁護士の事務所の電話番号に直接問い合わせて真偽をお確かめください。実在の弁護士名を騙る詐欺にくれぐれもご注意くださるようお願い申し上げます。

日弁連の弁護士検索

もどる