(9/1~)「第2回ひまわりキャラバン」申込受付開始!

学ぶ
学ぶ
更新日:2016年07月12日

「第2回ひまわりキャラバン」申込受付開始!

「第2回ひまわりキャラバン」チラシ(PDF)

第二東京弁護士会では、2015年度より、東京都内の中学校を対象とした「ひまわりキャラバン」を開催しております。
「ひまわりキャラバン」とは、毎年ひとつのテーマについて、オリジナル教材を用いながら、都内の学校を訪問して出張授業を実施して回るという企画です。
この企画を通じて、生徒たちに「法的なものの考え方」を会得してもらうことを目的としています。

ひまわりキャラバンとは? 子どもたちのために、弁護士は何ができるだろう。
子どもたちが将来、よりよい社会をつくっていくための基礎となる力は何だろう。
私たちは考えました。
本質を見抜き、自分で考えることのできる力。
考えたことを伝える力、笑顔を守るためにあきらめない力。
そういうチカラを育てたい。そんな思いから「ひまわりキャラバン」はうまれました。
このキャラバンでは、第二東京弁護士会法教育委員会が毎年ひとつのテーマを取り上げ、独自の教材を用いて、弁護士が各地で出張授業を行います。
初めて見る弁護士にドキドキ、コワゴワ・・・
そんな子どもたちの目が、「考えたことのない問い」に引き込まれ、たちまちキラキラ輝きだします。
子どもたちのこころにひまわりの種を。子どもたちの未来に大きな花を。それが私たち弁護士の夢です。

※「ひまわり」は、太陽に向かって明るく大きく力強く咲くことから、自由と正義を表しており、弁護士バッジのデザインに取り入れられています。

【実施時期】
 2016年9月1日~2017年3月31日のご希望日(連続した2コマ)

【募集校数】
 都内の中学校10校

【対象学年】
 中学1年生~中学3年生

【実施場所】
 各中学校の教室(弁護士が出張します!)

【授業内容】
第2回である2016年度のテーマは、昨年に引き続き「もしも憲法がなかったら」です。
授業の内容は、「架空の国である『ソレイユ国』では、国民思いの大統領のおかげで国民は平和に過ごしていましたが、ある事件をきっかけに大統領に変化が...国民の暮らしはどうなってしまうのか!?」という、おもしろく、わかりやすい教材を通じて、憲法の背景にある根本的な考え方を、弁護士と生徒で一緒に考えていくというものです。
選挙権年齢が引き下げられたことでその必要性が高まっている主権者教育の一部としても活用していただけるものと考えております。
なお、現在、憲法に関するさまざまな議論がなされていますが、この授業は、憲法改正に関する特定の考え方について教えるものではありません。あくまで、「憲法が国民の権利を守るための仕組みの一つであること」を学び、「国民が権力をコントロールしようとする意識」を持ち続けることの重要性を理解することを目的とするものになっています。
教材はこちらで準備いたしますので、ぜひお気軽に「ひまわりキャラバン」にご参加ください!


【お申し込み方法】※2016年8月31日必着
 FAXまたはメールのいずれかに、
 ①学校名
 ②学年、参加クラス数
 ③ご担当者名
 ④電話番号・FAX番号
 ⑤ご担当者メールアドレス
 ⑥実施希望日時
 をご記入のうえ、下記宛てにご連絡ください。
 ※冒頭の「第2回ひまわりキャラバンのチラシ」における2ページ目が
 FAXでの申込用紙になっていますので、印刷してご利用ください。

 FAX送付先:03-3581-2404
 メール送付先:info@niben.net
 ※メールの件名に「ひまわりキャラバン申込み」とお書きください。

【お問い合わせ】
 第二東京弁護士会 企画課 ひまわりキャラバン係
 (TEL:03-3581-2869)

もどる