実在する弁護士等の名称を利用した詐欺にご注意ください!

その他
その他
LINEで送る
更新日:2019年10月04日

 「訴訟管理センター」などの名称をかたり、「最終通告書」などと記載したはがきが不特定多数の方に送付されているという情報が当会宛に複数寄せられております。いずれも、はがきに記載されている電話番号にかけると、実在する弁護士の氏名を挙げるなどし、金銭を支払わせるという手口です。
 また、この手口ではPay-easy(ペイジー)などの料金収納代行サービスの受取人を、実在する弁護士会であるかのように偽装し、あたかも弁護士会に金銭を支払っているかのように見せかけていることが特徴です。

  弁護士会では、弁護士個人が請け負っている事件や、他団体の費用をお預かりするということはありません。また、当会では収納代行サービスを利用しておりませんので、収納代行の受取人が当会となっているものは悪質な詐欺であるといえます。

 同様のはがきなどで不審な連絡を受けた場合は、以下のリンク先から該当の弁護士や弁護士会に直接電話をして確認するようにしてください。

弁護士検索(日本弁護士連合会webサイト)

全国弁護士会のリンク先(当会webサイト)

もどる