東日本大震災5年 避難者のつどい「つながる」 イベントレポート

LINEで送る
更新日:2016年04月12日
eventreport20160305-3.jpg eventreport20160305-4.jpg

  

日時・場所等

日時:平成28年3月5日(土)12時~16時
場所弁護士会館2階「クレオ」ほか
主催東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会
後援東京都、福島県、さわやか福祉財団、広域避難者支援連絡会in東京、
日本弁護士連合会、関東弁護士会連合会

イベントの概要

東日本大震災から5年が経ち、避難された方々の避難先での生活が長期化していることを踏まえ、当会を含む東京三弁護士会では、この度、避難されている方々が一堂に会し、互いに連携し、つながる機会を提供したいとの思いから、「つながる」というテーマのイベントを開催致しました。
イベントでは、医師による「ストレスと避難生活」についての講演、弁護士を始めとする各種専門家(弁護士、医師、税理士、社会福祉士、臨床心理士)による相談会、避難者の方々による各種活動報告、被災地の名物等の物産展、被災地に関する写真展、大抽選会などの各種イベントが行われました。
イベントには、約170名もの避難されている方々の参加をいただき、盛況のうちに終わり、イベントのテーマであった、避難されている方々の「つながる」機会の提供を達成できたものと思われます。
このイベントを終え、避難されている方々への継続的な情報提供の必要性や各種相談ニーズへの対応の必要性を当会として改めて感じているところです。
当会としましては、今後も、弁護士による各種相談会やイベント等の実施を始め、避難されている方々のニーズに応じた支援活動を継続していく所存です。

もどる