裁判員制度の意義

裁判員制度の意義

裁判員制度とは

裁判員制度とは、刑事裁判に、市民のみなさんから選ばれた裁判員が参加する制度です。重大な犯罪の疑いで起訴された事件が裁判員裁判の対象となります。原則として、6人の裁判員と3人の裁判官が、ひとつの事件を担当します。

刑事裁判手続がより分かりやすくなります

 裁判員裁判では、裁判員と裁判官が話し合いをして(これを「評議」といいます。)、結論を出すことになります。
 これまでの裁判は、捜査機関が作成した調書や、検察官や弁護人が作成した書面を中心に、裁判官が裁判官室で記録を読み込みながら、長期間かけて審理を行うスタイルでしたが、裁判員裁判では、法廷で分かりやすい用語を使って比較的短期間で行う集中審理のスタイルへと変わっていくことになります。

刑事裁判では、被告人が起訴状に書かれている犯罪を本当に行ったかどうかを判断します

刑事裁判は、被告人が起訴状に書かれている犯罪を本当に行ったかどうかを判断するために行われます。
被告人が有罪であることは、検察官が証拠に基づいて明らかにすべきこと、つまり証明すべきことになっています。ですから、検察官が有罪であることを証明できない場合には、無罪の判断を行うことになります。
被告人が有罪か無罪かは、法廷に提出された証拠だけに基づいて判断しなければいけません。
そして、刑事裁判では、不確かなことで人を処罰することは許されませんから、証拠を検討した結果、常識に基づいて判断し、被告人が起訴状に書かれている罪を犯したことは間違いないと考えられる場合に、有罪とすることになります。逆に、常識に従って判断し、有罪とすることについて疑問があるときは、無罪としなければなりません。
有罪とするときには、被告人をどのような刑にするのかを決めます。
いずれの結論も、1人で決めるのではありません。6名の裁判員と3名の裁判官がいろいろな視点から意見をだし出しあって十分に時間をかけて議論を深めていけば、よりよい結論に行きつくはずです。

必要とされているのは、みなさんの「常識」です

裁判員制度が作られた理由(制度趣旨)は、「国民の司法参加」にあると言われています。
「裁判内容に国民の健全な社会常識を反映する」
―これが裁判員制度の目的です。
自分の考えたことは裁判官にどんどん伝えればいいのです。裁判員にはそうした役割こそが求められています。

刑事裁判手続がより分かりやすくなります

裁判員裁判では、裁判員と裁判官が話し合いをして(これを「評議」といいます。)、結論を出すことになります。
これまでの裁判は、捜査機関が作成した調書や、検察官や弁護人が作成した書面を中心に、裁判官が裁判官室で記録を読みながら、長期間かけて審理を行うスタイルでしたが、裁判員裁判では、法廷で分かりやすい用語を使って比較的短期間で集中的に審理を行うスタイルへと変わっています。

難しい言葉や難しい問題は、わかりやすく説明されます

「審理の内容が理解できるだろうか」「議論に参加できるだろうか」
こんな不安を感じるかもしれません。
しかし、法律用語について分からない点は、裁判官が分かるように説明します。
また、法廷での検察官と弁護人のやりとりも、難しい用語はなるべく避け、情報量がいちど一度に集中しないように配慮したり、図などを利用するなど、裁判員の方が理解しやすいように、工夫が積み重ねられています。

このページのトップへ戻る