家庭での悩み

ご相談・お問い合わせについて
具体的相談事例

高齢者の財産管理に不安があります。

認知症の親が心配!
一人暮らしの親が認知症気味です。今後の財産管理が不安です。
解決事例・メッセージ
認知症などの理由で判断能力が低下すると、不動産や預貯金などの財産の管理や、介護サービスや施設入所に関する契約を結ぶことが難しくなります。
悪徳商法の被害にあうおそれもあるので、きちんとした対策をとる必要があるでしょう。
判断能力が低下している場合は、その程度に応じて、家庭裁判所への申立てにより、成年後見、保佐、補助という制度(法定後見制度)を利用することができます。
また、将来に備えて判断能力が十分なうちに、将来の療養看護や財産管理などを委託する契約(任意後見契約)を締結し、弁護士などを任意後見人にするという方法もあります。

ご相談はこちら

この問題に関する専門窓口

ゆとりーな
電話相談
相談番号:03-3581-9110
月~金(祝祭日・年末年始を除く)
10:00~12:00、13:00~16:00
相談料金:無料(15分程度の簡単な相談です)
※東京三弁護士会共同の電話相談です。
面談相談
面談予約:03-3581-2250
月~金(祝祭日・年末年始を除く)
9:30~17:00
相談日時:毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)
     13:00~16:00
     ※出張相談も受け付けています。
相談料金:1時間 10,000円(消費税別)
詳細はこちら
ゆとりーな

その他の相談窓口

場所から探す
新宿
四ツ谷
池袋
霞が関
立川
八王子
蒲田
町田
日付で選ぶ
電話する
予約ダイヤル
03-5312-2818
【受付】10:00~17:00
各種専門相談の電話はこちら
もどる