家庭での悩み

ご相談・お問い合わせについて
具体的相談事例

夫からDV(配偶者暴力)を受けています。

夫の暴力から逃れたい。
夫から、日常的に殴る蹴るの暴力を受けています。子どもにも危害を加えるので、子どもを連れて一時的にどこかに避難したいのですが、身を寄せる場所がありません。
夫が追いかけてきそうで怖い。
夫の暴力から逃れるため、自宅を出て別に住むところを見つけましたが、この先も夫が追いかけてきて危害を加えられないか、不安で仕方がありません。
解決事例・メッセージ
配偶者の暴力(DV)から一時的に避難する手段として、シェルターと呼ばれる一時保護施設に避難する方法があります。
また、今後も生命や身体に危害を加えられるおそれがある場合には、裁判所に保護命令を求める申立てをし、身辺へのつきまといや電話やメール等を禁止すること(接近禁止命令)などもできます。
DV被害の相談は、警察をはじめ区市町村の相談窓口、都道府県の相談支援センター等が受け付けています。相談窓口が分からないときや、裁判所の保護命令を要する場合などには、弁護士に相談してください。
なお、危険が切迫している場合には、まずは警察(110番)へ通報してください。

ご相談はこちら

この問題に関する専門窓口

女性の権利相談
面談相談
面談予約:03-5312-2818
予約受付:月~金(祝祭日・年末年始を除く) 9:30~18 :00
     土 11:00~15:00
相談料金:30分以内 5,000円(消費税別)
     延長料金は、15分毎に2,500円(消費税別)
詳細はこちら
女性の権利相談

新宿総合法律相談センター
面談相談
面談予約:03-5312-5850
予約受付:月~土(祝祭日・年末年始を除く)
     9:30~16:30
相談料金:30分 5,000円(消費税別)
     延長15分につき、2,500円(消費税別)
詳細はこちら
新宿総合法律相談センター

その他の相談窓口

場所から探す
新宿
四ツ谷
池袋
霞が関
立川
八王子
蒲田
日付で選ぶ
電話する
予約ダイヤル
03-5312-2818
【受付】10:00~17:00
各種専門相談の電話はこちら
もどる