その他の悩み

ご相談・お問い合わせについて
具体的相談事例

犯罪の被害にあいました。

犯罪被害にあってしまったら、どうすればよいの?
  • 加害者に刑事処分を受けさせたい。
  • 警察署や検察庁で事情聴取をされたけれど、この後、手続はどうなっていくの?
  • 加害者に損害賠償請求をしたい。
  • 加害者の弁護人から示談の申入れを受けているけれど、どうしたらよいのかわからない。
  • 被害者参加をするかどうか、迷っています。
  • マスコミがやってきて、自宅に帰ることができません。
解決事例・メッセージ
法律の専門家である弁護士が、被害者の立場に立って、捜査や裁判手続についての説明、とり得る手段、最良の対応等をアドバイスします。 期間に制限のある手続もありますので、できるだけ早めにご相談ください。
さらに、ご依頼を受けて、弁護士が具体的な各種の支援(捜査機関への告訴・告発、警察署・検察庁・法廷などへの付添い、検察審査会への申立て、情報収集、被害者参加弁護士、加害者との示談交渉・損害賠償請求の代理、犯罪被害者給付金支給の申請、マスコミ対応など)を行うこともできます。
まずは、電話でご相談ください。

ご相談はこちら

この問題に関する専門窓口

電話相談
相談番号:03-3581-6666
     月~金(祝祭日・年末年始を除く)
     11:00~16:00
相談料金:無料
東京三弁護士会(東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会)が共同で電話相談を行っています。
なお、当該電話相談は1事案につき、原則1回(30分程度)のみお受けします。

面談相談
電話相談の後、必要に応じて弁護士による面接相談を行っております。
面接時間は1時間以内が目安です。
※この相談料は、初回は無料、継続相談は原則として30分 5,000円(消費税別)です。
詳細はこちら
犯罪被害にあったら?

その他の相談窓口

場所から探す
新宿
四ツ谷
池袋
霞が関
立川
八王子
蒲田
町田
日付で選ぶ
電話する
予約ダイヤル
03-5312-2818
【受付】10:00~17:00
各種専門相談の電話はこちら
もどる