住宅紛争の流れと事例

紛争解決の流れ

紛争事例

1.雨漏りの補修を頼んだけれど......

新築の住宅で雨漏りを発見し、補修の請求をしたが、補修の方法や工事金額について話し合いがとまらない。

2.建物に不具合が......

基礎に亀裂が見つかった。
大型車が通ると家全体が振動する。
床が傾斜しているように見える。
天井にたわみがある。
フローリングの床が鳴る。
家の土台が腐食した。

3.建築代金を支払ってくれなくて......

お客さんが、注文した住宅の代金を支払ってくれない。

4. 次のような事例についてはお取扱いしません

下記のような事例に関するご相談は、仲裁センターをご利用ください。

  1. 住宅以外の建物に関する紛争または保険付き住宅以外に関する紛争
  2. 住宅性能表示制度によらない住宅または保険付き住宅以外に関する紛争
  3. 建設住宅性能評価書のない住宅
  4. 住宅の取得者(または供給者)と近隣住民との紛争
  5. 評価住宅の賃貸人と賃借人との間の紛争

ご相談について

電話相談

下の「建設性能評価」「既存住宅性能評価」「住宅かし保険」のマークが表示されています住宅についてお困りの方はご連絡ください。


住宅紛争審査会
相談番号:03-3581-1714
月~金(祝祭日・年末年始を除く)
10:00~16:00
申請手数料:1万円(1件につき)
※住宅についての相談や苦情については、「住まいるダイヤル」をご利用ください。

もどる