自治体・教育機関向けサービス

出張授業・裁判傍聴など

法教育とは

人が社会の中で生きていくには、社会で起きている様々な事象を多面的・多角的に考察し、事実を客観的に捉え、公正に判断できる力(=生きる力)をつけることが大切です。 法教育とは、一人一人が、社会の一員として、法や司法制度、これらの基礎となっている価値を理解し、それらを使って、ものごとを多角的に捉え、考え、判断する力を身につけるための教育であり、まさに、上記の「生きる力」を育成することを目的としています。

このような「生きる力」は、従前から学習指導要領でも重視されてきました。そして、2022年度から適用される学習指導要領(高等学校)では、新科目「公共」が採用され、主権者として必要な資質や能力を育む学びが重視され、外部講師の活用もうたわれています。
公職選挙法が改正され、2016年6月には18歳選挙権が導入されたこととも相まって、より良い社会を作るために、個人が社会で「生きる力」を育むことは、今般、重要な社会の課題となっています。 

第二東京弁護士会の「法教育の普及・推進に関する委員会」は、このような個人の「生きる力」を育むため、小学・中学・高校・大学など、その発達段階に応じて様々な「法教育授業」(出張授業)を展開しています。

当委員会が提供する法教育プログラム

法教育の普及・推進に関する委員会では、以下のような、多様なプログラムを提供しています。

出張授業

弁護士が皆さまの学校を訪れて、豊富なメニューの中から目的に沿った法教育の授業を行います。

※授業でお悩みの方は、「法教育フローチャート」をご利用ください。

ジュニアロースクール

小・中・高校生の皆さまに弁護士会館に来ていただき、弁護士が工夫を凝らした参加型の法教育授業を行います。

出張授業

当弁護士会の弁護士が引率し、東京地方裁判所で実際に開かれている刑事裁判を傍聴します。裁判傍聴の前には、弁護士による刑事裁判の制度や手続きの流れを説明し、裁判傍聴後には、傍聴した事件についての解説・質疑応答を行います。
東京地方裁判所では、日々多くの裁判が開かれていますが、引率弁護士が傍聴に適した事件を事前に選択し、法廷へご案内します。普段ニュースなどで目にしている刑事事件が、裁判ではどのように進んでいくかを実際にその目で見、弁護士の解説付きで学習することができます。

キッズひまわり