ご相談窓口

法律相談センターへの相談・依頼の流れ

法律相談は、抱えている問題を弁護士に相談してアドバイスを受けることです。
法律相談の流れは、相談内容、相談場所を考えて自分に一番合った相談所を選んで、予約をして、予約日に面接をするという流れになります。相談後、必要であれば、弁護士に依頼して事件処理をします。相談センターでの相談費用や弁護士費用については、こちらをご参照ください。

まずは、弁護士会法律相談センターで相談

step1相談センターを選び電話予約をする
お近くの法律相談センターに電話して、相談日時を予約してください。(先着順の相談もあります。)
step2面談室で担当弁護士に相談する
相談日に各相談センターへお越しください。相談カードに記入し受付をすませます。相談センターでの相談費用については、こちらをご参照ください。
step3相談終了・相談継続 または、弁護士へ依頼
相談センターでの相談は終了となります。必要であれば、別の日を設定して継続相談を行うことも可能です。
また、弁護士へ事件処理をご依頼いただくことも可能です。

弁護士に事件処理を依頼する場合

step4事件処理にかかわる費用の見積もり
事件処理にかかる概算の目安と支払方法を確認します。
step5依頼の申し出と委任手続
相談者が実際の依頼を申し出た後、あっせん手続による着手金の決定、委任契約書作成、担当弁護士が受任となります。
step6着手金支払
弁護士が事件処理に着手する際に、着手金の支払いが必要になります。
詳しい費用については、こちらをご参照ください。

※事件処理の結果の成功、不成功にかかわらず着手時に必要となる弁護士費用です。成功報酬とは別のもので、手付金や報酬の内金ではありません。
step7打ち合わせ・事件処理
印紙・切手代等の実費が発生することがあります。
step8相談終了・報酬金支払い
終了後、報酬金がある場合は支払いが発生します。詳しい費用については、こちらをご参照ください。

※結果の成功の程度に応じて支払う成功報酬のことをいいます。従って、完全に敗訴となれば、報酬金は発生しません。
キッズひまわり