お知らせ・イベント

(6/21) シンポジウム「考えよう!少年法適用年齢引下げ問題と児童虐待〜18・19歳の少年非行の実情と児童虐待の現場から〜」

LINEで送る
更新日:2019年05月29日
少年院に入院した少年の中に、児童虐待の被害を受けた子どもがいる、ということはご存じですか。 平成30年の犯罪白書によると、少年院に入院した男子少年のうち約3割、女子少年のうち約6割に虐待を受けた経験があることが判明しています。 今回は、少年法の実情・少年法適用年齢を18歳に引き下げることの是非と児童虐待について、その現場を見てきたゲストの方をお迎えし、市民の皆さんと一緒に考えたいと思います。是非、ご参加ください。

【日時】
2019年6月21日(金)午後6時30分~午後8時30分頃(開場:午後6時15分)

【場所】
日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
(東京都千代田区日比谷公園1-4)

【内容(予定)】
第1 少年法適用年齢引下げ問題について
第2 基調講演
   戦慄 かなの氏(アイドル・NPO法人bae代表理事)
第3 リレートーク
   廣川 貴樹氏(柏高等技術学園副校長)
   後藤 弘子氏(千葉大学大学院専門法務研究科長)
   坪井 節子氏(社会福祉法人カリヨン子どもセンター理事長・弁護士)

【対象】
どなたでもご参加いただけます(先着順・参加無料・申込み不要)

【主催・共催】
主催:東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会
共催:日本弁護士連合会

【問い合わせ先】
第二東京弁護士会 人権課 TEL:03-3581-2257

※詳細は、チラシをご参照ください。
もどる