(3/1)シンポジウム「コンプライアンス経営の現状と公益通報者保護法の改正動向~内部通報制度の戦略的運営とその限界~」のご案内

その他
その他
更新日:2017年01月06日

東京三弁護士会では、「コンプライアンス経営の現状と公益通報者保護法の改正動向~内部通報制度の戦略的運営とその限界~」と題したシンポジウムを以下の要領で開催いたします。

【日時】
 2017年(平成29年)3月1日(水)
 18時~20時

【出演者(予定)】
 <講師>
 消費者庁公益通報者保護制度の実効性の向上に関する検討会委員
 拝師徳彦氏(千葉県弁護士会会員)
 <パネリスト>
 吉村典久氏(和歌山大学経済学部ビジネスマネジメント学科教授)
 拝師徳彦氏(千葉弁護士会会員)
 遠藤輝好氏(第二東京弁護士会会員)
 ※パネリストについては追加・変更の可能性がございます。

【場所】
 弁護士会館3階301号会議室

【お問い合わせ先】
 第一東京弁護士会 法律相談課 TEL:03-3595-8575

詳しくは、下記リンクのPDFファイルをご参照ください。

シンポジウム「コンプライアンス経営の現状と公益通報者保護法の改正動向~内部通報制度の戦略的運営とその限界~」

もどる